Gitlabを使ってみた

../../../_images/gitlab_logo.png

やたらキモイロゴの Gitlab

githubのオープンソースクローンと呼ばれている。

用途はたぶん以下に当てはまる場合

  • githubでプライベートリポジトリ作るのにお金がかかるのがイヤ
  • 社内の開発リポジトリを外部に出すのに抵抗がある

正直メンテを考えたらgithubのプライベートリポジトリを使った方がいいような気もする。それか Bitbucket

入れ方は gitlabのgithubのところに書いてある (2013/04/25現在は5.0が推奨)

インストールはDebian系で書かれているけど、CentOS※でも必要なものを入れれば動いた

※CentOS5系

自分が入れた際のメモ



必要なパッケージを用意

Debian系のパッケージ名 Redhat系のパッケージ名
build-essential ?(たぶんgcc gcc-c++ kernel-develあたり)
zlib-dev zlib-devel
libyaml-dev libyaml-devel
libssl-dev openssl-devel
libgdbm-dev gdbm-devel
libreadline-dev readline-devel
libncurses5-dev ncurses-devel
libffi-dev libffi-devel
git-core git-core
openssh-server openssh-server
redis-server redis
postfix postfix
checkinstall ないので手動
libxml2-dev libxml-devel
libxslt-dev libxslt-devel
libcurl4-openssl-dev libcurl-devel
libicu-dev libicu-devel

checkinstallだけは手動でいれる ここ参照

wget http://asic-linux.com.mx/~izto/checkinstall/files/source/checkinstall-1.6.2.tar.gz
tar xvf checkinstall-1.6.2.tar.gz
cd checkinstall-1.6.2/
make && make insatll

RPM化

checkinstall

rubyのインストール(1.9.3)

自分の環境には1.8が入っていたのでいったんアンインストール

yum remove ruby

1.9.3インストール

curl --progress http://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/1.9/ruby-1.9.3-p327.tar.gz | tar xz
cd ruby-1.9.3-p327/
./configure
make && make install

BundlerGemのインストール

sudo gem install bundler

Gitlabのユーザ作成

# 手順では以下だがCentOSなので
# sudo adduser --disabled-login --gecos 'GitLab' git
# こっち
adduser -c 'GitLab' git

Gitlab shellのインストール

su git
cd /home/git
git clone https://github.com/gitlabhq/gitlab-shell.git
cd gitlab-shell
cp config.yml.example config.yml
# Edit config and replace gitlab_url
# with something like 'http://domain.com/'
vim config.yml
'http://domain.com/'の部分を自分の環境に合わせて変更(自分の場合ポートも変えたのでそれを含め変更http://xxx.com:XXXXみたいに)
あとsshポートを変更している人は'ssh_port'の部分を変更する
./bin/install

データベースのセットアップ

postgreでもいいみたいだけど、自分の場合はmysqlを利用

インストール

yum install mysql-server mysql-devel

データベースのセットアップ

mysql -u root -p
mysql > CREATE USER 'gitlab'@'localhost' IDENTIFIED BY 'パスワード';
mysql > CREATE DATABASE IF NOT EXISTS `gitlabhq_production` DEFAULT CHARACTER SET `utf8` COLLATE `utf8_unicode_ci`;
mysql > GRANT SELECT, INSERT, UPDATE, DELETE, CREATE, DROP, INDEX, ALTER ON `gitlabhq_production`.* TO 'gitlab'@'localhost';
mysql > \q
sudo -u git -H mysql -u gitlab -p -D gitlabhq_production

Gitlabのソースの取得

# gitにsu権限
usermod -G wheel git
cd /home/git
sudo -u git -H git clone https://github.com/gitlabhq/gitlabhq.git gitlab
cd /home/git/gitlab

Gitlabの設定

cd /home/git/gitlab
sudo -u git -H cp config/gitlab.yml.example config/gitlab.yml
sudo -u git -H vim config/gitlab.yml
# 自分の場合はlocalhostを変更した
sudo chown -R git log/
sudo chown -R git tmp/
sudo chmod -R u+rwX  log/
sudo chmod -R u+rwX  tmp/
sudo -u git -H mkdir /home/git/gitlab-satellites
sudo -u git -H mkdir tmp/pids/
sudo chmod -R u+rwX  tmp/pids/
sudo -u git -H cp config/unicorn.rb.example config/unicorn.rb
vim config/unicorn.rb
# 自分の場合はlistenポート変更

Gitlabの データベースの設定

sudo -u git cp config/database.yml.mysql config/database.yml
# データベースで設定したユーザとパスワードを指定
vim config/database.yml

rubyパッケージの取得

# reademeでは
# sudo -u git -H bundle exec rake gitlab:setup RAILS_ENV=production
# 自分はこっち(権限の関係かな)
bundle exec rake gitlab:setup RAILS_ENV=production
Administrator account created:

仮のアカウントが表示されるはず

初期化スクリプト

sudo curl --output /etc/init.d/gitlab https://raw.github.com/gitlabhq/gitlab-recipes/master/init.d/gitlab
sudo chmod +x /etc/init.d/gitlab

起動時に動くようにする

sudo /sbin/chkconfig --level 2345 gitlab on

色々チェック

bundle exec rake gitlab:env:info RAILS_ENV=production

上記で

Git configured for git user? ... no
 Try fixing it:
  sudo -u git -H git config --global user.name  "GitLab"
  sudo -u git -H git config --global user.email "[email protected]"

と言われたので

git config --global user.name  "GitLab"
git config --global user.email "[email protected]"

Gitlabの起動

bundle exec rake sidekiq:start RAILS_ENV=production

Gitlabのインストールガイドだとnginxだけど、自分はApacheなので特に何もせず

設定したURL:ポートにアクセスするとログイン画面が出てくる

../../../_images/gitlab_login.png

あとは ここ を参考にユーザの設定を行う

補足

自分の場合コミット時にsshの権限まわりでエラーが出ていたので以下の対処を実施

su git
cd
chmod 755 .ssh
chmod 600 .ssh/authroized_keys


感想

普通はgithubでいいと思う。わざわざ構築したのはいつか会社とかでgitが主流になった時にgithubのプライベート案がけられた時に使いたいなーと思ったから。